「ハザードシンボル」危險符號

歌:遊遊  作詞・作曲・編曲:まふまふ

テレビアニメ『怪異と乙女と神隠し』オープニング主題歌

 

日文:

 

其れは君の言うとおり

其れは何処かで聞いたとおり

事実は小説より奇しい

違いはない

 

注釈を読み飛ばして

摩訶不思議の 水先案内人の呼ぶほうへ

そして引き込まれていた

此処はノベルじゃない 没プロット

 

ああ ああ ああ

声が聞こえて止まない

代償を 愛を 愛を

 

薄汚れて咲いた警告が目に触れた

 

囚われの心臓が合図する

フィクションなんて言葉の成り立ちは

きっとみんな見ないようにしているだけの

よく或る怪奇

 

暗闇の呼ぶほうがいつしか

居心地がいいのは確かだろうさ

名状阻害 其れがハザード

知らないで済まされない

 

其れは君の言うとおり

其れは何処かで聞いたとおり

命は思うより儚い

ボクも同じ

 

注釈を読み飛ばして

まるでボクを手招いた

禁忌は初めからそこにあるみたい

また狂っていく

 

混濁と踊れ 掻撫でる暗夜

誰も誰だかわからない どろん

化け物に見初められ

どろりどろりまだ廻る 紛いなりの怨嗟連鎖

 

暗影 嘆息 等閑視

迷妄 錯綜 鮮明に

ボクも誰だかわからないまま

(ボクも誰だかわからないまま)

 

半壊した夢に見る瓦礫の匂い

 

悲しみの行き先もいつしか

心象なんて言葉で片しては

きっと目を逸らしてきた

説明のつかない 或る怪奇

 

溢れ出す理由を知らなくても

涙と呼ぶのは確かだろうさ

名状阻害 其れがハザード

脚本にない日常を壊していく

不可解に隠れた記憶 鳴り止む前に

 

理解できない 目に見えない

手に取れない それはきっと

誰か泣いて消えかけた

警告の合図なんだ

 

この悲しい御話から

君だけを連れて帰れたら

明日はもうなくたっていい

 

中文:

 

那正如你所說

那正如某處聽說

事實比小說更加詭奇

沒有差別

 

略過注釋

循著神祕領航員的呼喚

而後被引入其中

此處並非小說 而是篇外情節

 

啊啊 啊啊 啊啊

聲音不絕於耳

代價 愛 愛

 

略帶髒污的警告映入眼簾

 

被囚禁的心臟發出信號

虛構這個詞的由來

一定只是大家視而不見的

常見怪奇

 

黑暗呼喚不覺之間

確實令人感到舒適

難以名狀 此為危難

不可不知

 

那正如你所說

那正如某處聽說

生命比想像的更脆弱

我也是一樣

 

略過注釋

簡直在向我招手一樣

禁忌似乎從一開始就存在那裡

又再瘋狂循環

 

與渾濁共舞 撫摸的黑夜

任何人也都認不清是誰  變成泥濘

與怪物面面相覷

泥濘不堪 虛假的怨恨連鎖

 

暗影 歎息 等閒視之

迷惘 錯綜 清晰地

我也不知我是誰

(我也不知我是誰)

 

半毀的夢中聞到瓦礫的味道

 

悲傷的去向 在不知不覺中

就用 內心的想像 這個詞來概括

肯定會引來側目

無法解釋的 常見怪奇

 

即使不知道流淚的理由

確實可以稱之為眼淚吧

難以名狀 此為危難

打破沒有劇本的生活日常

隱藏著無解的記憶 在鳴響停止之前

 

無法理解 無法看見

無法得到 那一定是

有誰哭著而後消失了

這是個警告的信號

 

從這個悲傷的故事中

如果我能帶你歸來

明天也已無需要了

 

 

arrow
arrow

    あかつきの心 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()